カシマシレポート

表現をつくって23年。山も谷もありますが、だんだんとおもしろい会社になってきました。きちんとお返事できる自信がなくて、facebookは登録したまま放ってあります。普段お会いできない皆さんにも便りをと思いこの◯山談義を始めることにしました。気まぐれな更新になると思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。 代表取締役 丸山 典久

やってしまいました。



過日の某ゴルフ場。

尊敬するゴルフ場オーナー経営者とその御仲間に交じり、
「初春晴天の清々しいプ
レー」のはずが・・・。



異変は上がり3ホール目。



それ以前から、腰と背中の強張りを、「体が硬いなぁ」程度に思い、
ショット前に捻転を繰り返しほぐしていたのだが、ティーショットを放った後、
「ありゃ、身体動かへん」。

一息入れ、メンバーに悟られまいとティーグラウンド隅に下がり、
異変の度合いを身内に聞いておりました。

全員のショットが終わり、カートへの歩様は殊の外、大過なく進めることが
分かりながらも、「こりゃあ、『ぎっくり腰』なる物の予兆では?」と
内心、不安が高まります。



それでもホールアウトして、上がり2ホール目。



ここで弱音を吐いては、場も白けるし、吾輩が最年少のメンバー構成。

「後2ホールの頑張りじゃいっ」と、気合を込めティーショット。

前のホール同様の違和感!!

それでも、やせ我慢居士ぶりを発揮して、
「何とか打てたぞよ、残るティーショットは後1ホールじゃ」と、自らを励ます。

グリーンに上がり、パターを沈めホールアウト後にエッジに置いたクラブを取る為に
しゃがんだ途端、固まりました。



身内から声が聞こえます。

「最終ホールはいかんぜよ(何故か、坂本龍馬風に語りかけてきます)」。

あっさり、神の声を聴くことにしたエセやせ我慢居士は、
「オーナー、ぎっくり腰って、どんなんですか?」と固まったまま弱音を吐いたのでした。



それでも、最終ホールのティーグラウンドで、オーナーが、
「丸山君、もう止めときなさい」と言われなければ、「ええい、ままよ」とドライバー一閃、
悲惨な結末になっていたろうと、安楽椅子に特殊な姿勢で腰掛けながら、
軽度で済んだ事の感謝代わりに呟いています。