カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

営業本部の齋藤です。

空気が乾燥し、風邪やインフルエンザが流行し始めるこの時期。
そこで今回は、今日から実践していただける「風邪予防法」をご紹介します。

 

【”正しいマスクの使用法” 意識していますか?】

 

意外と勘違いされている方が多い「正しいマスクの使用方法」ですが、
以下の3点を確認してみてください。

 

1. 顔との隙間を作らないように装着する

顔とマスクの間に隙間があると効果は半減します。
ワイヤーを鼻の形に合わせ、マスクを顎の下まで伸ばして、
顔にしっかりフィットさせるようにしてください。

2. プリーツ(ヒダ)が下向きになるように装着する

マスクにも裏・表があり、プリーツが”下向き”になるようにするのが正しい装着法。
折り目の部分にホコリやウイルスが溜まるのを防ぎます。

3. 使用済みのマスクをそのままゴミ箱に捨てない

使用済みマスクをそのままゴミ箱に捨ててしまうと、
表面に付着した大量のウイルスが空気中に飛散する恐れがあります。

マスクの表面には触らず、ゴムバンドの部分を持って外し、
袋に入れ、”密閉して”捨てましょう。

 

dd87af0644d5d2c6ae755a71c81ad0cd_s

 

 

【「くしゃみをする時には、手で口元を覆う」 これは正しい?】

 

手で口元をカバーすると、手のひらに付いたウイルスが身の周りの机やドアのノブ、

スイッチに付着し、接触感染のリスクが高まります。

そのため、くしゃみをする時には利き手と反対の手首や、肘の内側で
口元を押さえるようにするのがベターです。

 

【湿度は50〜60%に保つ】

 

一般に、湿度50%で約半数のウイルスが死滅し、
湿度60%で80%のウイルスが死滅すると言われています。

加湿器を使用しない場合は、濡れタオルを室内に掛けたり、
霧吹きや化粧水ミストを利用して乾燥を防ぐことができます。

 

【番外編:就寝前に身体ぽかぽかホットワイン】

 

87a1550a9371cf5cbce2594f970ff3f2_s

 

ヨーロッパなどではクリスマスの時期によく飲まれているホットワイン。

身体を温めることによる免疫力アップや、
蜂蜜やシナモンの殺菌消毒効果が期待でき、
風邪予防にもオススメの飲み物です。

 

<定番のレシピ>

・赤ワイン…200ml(アルコールが苦手な場合、ワインを少量にしてオレンジジュースを加える)
・シナモン…1本
・クローブ…2〜3粒
・オレンジ…7〜8mmの輪切り
・レモン…5mmの輪切り
・蜂蜜…大さじ1
・生姜…スライス1枚

 

上記の材料を手鍋に入れて弱火で温め、鍋の周りが少し沸騰してきたら完成です。

この季節はリカーショップやスーパーの店頭でも、
1000円台で手軽に購入できますので、
今夜から就寝前に試してみてはいかがでしょうか。

 

オフィス全体で風邪予防に対する意識を高め、
来たる繁忙期を体調万全で乗り切りましょう!

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧