カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

こんにちは、営業本部・CS課の齋藤です。

16卒の採用活動・前半戦も、そろそろ終盤に差し掛かり、

内定出しを始めている企業様も多いのではないでしょうか。

 

ご存知の通り、16卒の採用活動はスケジュールが大幅に変更されました。

前年度までの同時期に比べ、今年は“内定は持っているのに就活を終われない”

学生が増加傾向にあります。

 

 

01

 

 
この”就活を終われない”学生が増えると、予測されるのは秋以降の内定辞退者の大量発生です。

「蓋を開けてみたら半分以下しか残らなかった」という事態を防ぐためにも、

今年は特に、丁寧な「内定者フォロー」が必要不可欠です。

 
内定者フォロー自体は既に殆どの企業様が実施済みのことと思います。

懇親会・内定式の開催、セミナーの実施、社内報の送付、インターン研修・・・

種類も実施時期も多岐に渡ります。

 
辞退率に差が出る理由は何でしょうか。

 
ポイントは”内定者の目線に立ったフォローができているかどうか”です。

 
入社前の内定者は、大きく分けて3つの不安を抱えています。

 

1. 企業や仕事内容について、もっと理解を深めなくて良いのだろうか

2. 同期や先輩方と良い関係を築けるだろうか

3. 自分は社会人としてやっていけるだろうか

 
これらの不安を一挙に解消できる取り組みとして、「内定者研修」が注目されています。

 

過去に大成功した事例は、「内定者同士で協力して、情報収集・先輩社員への取材を行い、

次年度へ向けた入社案内のパンフレットを作成する」というもの。

 

取材の過程で、企業や仕事内容についての理解が深まり、

先輩方との関係性構築や、同期の絆づくりにも貢献します。

また、後輩の作ったパンフレットを見た既存社員にも、

「恥ずかしくない先輩になろう」という自覚と責任が芽生えます。

 

 

 

f4c67b1216a34b66b59992db125a25cf_s

 

「社会人としてやっていけるだろうか」という不安の解消に効果的なのは

「インターンシップ研修」です。

 

実際に仕事の一部を体験させることで、働く自分の姿を強くイメージできるようになります。

 

表現では内定後、各部門の最前線で活躍していただくために、

「内定者アルバイト」という形式で、入社前研修を行っています。

内定者が抱える不安を”自信”に変えていただくことで、

辞退を未然に防ぐだけでなく、入社後の早期戦力化にも繋がります。

 

 

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

 

 

「内定者パンフレットの指導をして欲しい」

「効果的な内定者フォロープログラムを、オーダーメイドで提案してほしい」

「内定者一人ひとりのことを、より深く理解したい」

 

とお考えの人事担当者様は、ぜひこちらから齋藤までお問い合わせください。

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧