カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

新型コロナウィルスの影響でリアルな会社説明会(対面式)が難しい今、

WEB 説明会の需要が高まっています。

 

御社にあった WEB 説明会スタイルで、タイムリーな情報発信を行いましょう。

WEB 説明会には様々なスタイルがあります。

******

 *A*『テレビショッピング』スタイル

 会社の人事の方がカメラの前に座って(立って)

 会社の特長や やりがいなどを説明。

 

 *B*『情報番組』スタイル

 MC(社員が務める場合、社外の人が務める場合、が ある)と

 人事が話しながら会社の内容や魅力を掘り下げていく。

 

 *C*『カメラを止めるな』スタイル

 社員の人が社内を歩きながらスマホやタブレット、

 ビデオなどで会社の日常を撮影。

******

スタイル別で撮影手順(STEP1・STEP2)をご紹介します。

最後のSTEP3「編集・アップロード・YouTube に動画をアップ」は

全スタイル共通ですので、最後にまとめてご紹介しますね。

 

*A*『テレビショッピング』スタイル

*B*『情報番組』スタイル

■STEP1:話す内容を事前にまとめる

≪ 内容 ≫

①会社概要

②仕事紹介

③先輩社員インタビュー

④待遇・福利厚生

⑤選考について

など 全てまとめて話しても良いですし、

項目ごとに短編動画を撮っても良いです。

 

≪ 時間 ≫

全てまとめて撮影する場合は、60 分以上にならないように注意してください。

長すぎると学生が飽きて、途中で見るのをやめてしまいます。

 

項目ごとの説明の場合は、1 項目を 10 分程度にすると

学生が空いた時間にサクッと見られるので GOOD。

 

*A*『テレビショッピング』スタイル

*B*『情報番組』スタイル

■STEP2:場所、人、ツールの準備をして撮影

≪ オフィス内で撮影する際の注意点 ≫

・映像に映り込んでも問題ない場所を選んで整理整頓する

・声が響きやすい場所は聞き取りにくいので NG

・撮影する日時や場所を事前に社内共有して邪魔が入らないようにする

 

≪ 人数 ≫ 聞き取りやすい大きさの声でハッキリと話しましょう。

・1 人でも問題ないですが、TV(モニター)や

ホワイトボードを活用してメリハリをつけるとより良いです。

・2~3 人の場合は、事前にどのパートを説明するのか

分担を決めておく必要があります。1 人を MC(進行係)にして、

1~2 人を説明する人にする、と役割を分ける方法もあります。

・4 人以上は多すぎるのでおすすめしません。

誰に注目すればいいか学生が迷いますし、

しゃべっていない人はつい油断してだらけた様子が映ってしまい、

学生に悪い印象を与えてしまいます。

 

≪ ツール ≫

・撮影機材(スマホやビデオなど)を固定するものを準備しましょう。

・会社のロゴ(パネル等)やメイン商品/商材などあれば、

画面に映り込む所にさり気なく置くと GOOD。

・大きめの TV(モニター)など説明時に必要なモノがあれば

動作確認を事前にしましょう。

・TV(モニター)やホワイトボードが無くても、

簡易な手書きのボードでも気持ちが伝わるので GOOD。

 

*C*『カメラを止めるな』スタイル

■STEP 1:撮影する内容を事前にイメージする

オフィスや工場などリアルな職場・社員を

ムービー(基本ノーカット)で紹介するバーチャル会社訪問に近いイメージです。

堅苦しい感じにせず、できるだけ日常に近い雰囲気で撮影するのが望ましいです。

 

〔 シーンのバリエーション例 〕

◎「オフィス」編   ◎「工場」編     ◎「朝の朝礼」編

◎「食堂」編     ◎「仕事終わり」編

◎「部署別」編    ◎「新入社員」編   ◎「ベテラン」編

◎「社長を直撃」編  ◎「得意自慢」編  など

 

例えば、社員が働く様子を紹介する「オフィス」編の場合……

会社の入口から足を踏み入れ、部屋のドアを開けると

そこには社員の人が忙しそうに仕事しているフロアがある……、

といったようにリアルな導線で紹介。

 

時折、カメラマンが社員に話しかけるシーンがあると

日常が垣間見れて臨場感がわき、面白くなります。

自然体な社員を通して「会社がやっていること」や

「どんな人が働いているか」を伝えるムービーにしましょう。

 

私がテスト的にスマホでササッと撮影したものでも、こんな動画になります!

 

*C*『カメラを止めるな』スタイル

■STEP2:撮るシーンがイメージできたら撮影

この撮影スタイルの場合、人柄が重要になります。

撮影技術は求めず、社員と気兼ねなくしゃべれる人が望ましいです。

 

必要であれば質問する人を決めて事前に質問内容を伝えても構いませんが、

自然体が望ましいためセリフを覚えるような台本をつくる必要はありません。

 

1 回の YouTube を 10分程度にし、

週 1 回ペース(または、月に 2 回ペース)で YouTube にアップします。

何個か YouTube を見れば、会社の雰囲気や事業内容がわかるようにしましょう。

 

採用の時期に合わせて最初にまとめて 3~4 個アップし、

その後 定期的に動画アップ、という方法もあります。

 

*A*『テレビショッピング』スタイル

*B*『情報番組』スタイル

*C*『カメラを止めるな』スタイル 

■STEP3:編集・アップロード・YouTube に動画をアップ

撮影を終えてから YouTube に動画をアップするまでの

面倒な編集やアップロード作業は 表現で代行させて頂きます。

お客様に撮影頂いた動画データを表現の編集力(不必要な場面の

カット作業やキャプション入れなど)で良くします。

 

先ほど私がスマホで撮影した同じ素材を使って、

別バージョンでの編集も可能です。

 

☆効果音バージョンはコチラ ↓ ↓ ↓

 

WEB説明会について気になることがあれば

お気軽にお問い合わせください。

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧