カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

新卒のみならず、中途採用でも「超売り手市場」が叫ばれて久しいです。

パーソルキャリアの「転職求人倍率レポート」によると、2019年11月の求人倍率は2.81倍(前月比+0.29pt/前年同月比+0.02pt)、求人総数も2008年の調査開始時後の最高値を記録。

一人の求職者を2~3社で口説きあう状況が続いています。

 

採用責任者さまは、採用難易度の高まりを

身に沁みて感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

「応募者が集まらない。。。
 そもそも、こんな人材は市場にいるんだろうか?」

「面接するも決め手に欠けて、なかなか内定出しに至らない。。。」

 

このような課題にお心当たりのある企業さまは、

中途採用の”ブルーオーシャン(未開拓市場)”に、

一度目を向けられてみてはいかがでしょうか?

 

◆ “ブルーオーシャン”=ミドル・シニア層の活躍がアツい! ◆

 

現在の求人状況をみると、「20代後半から30代半ばぐらいまで
の働き盛り年代をターゲットとしたものが多くなっています。

この傾向は業界・職種を問わず見られるようです。

 

そのため転職市場では、
「35歳以下」の求職者にオファーが殺到し、
一方で「40歳以上」の方はあまりオファーを受け取っておられない

という現状があります。

 

この40代~ミドル層こそが、中途採用の“ブルーオーシャン”なのです。

 

 

当社でも昨年、多くのミドル人材の転職をサポートさせていただきました。

採用内定に至った人物に共通して見られたのは、

 

・明確な使命感(課題解決の意識)をもってご入社されている。

・「自分がいる間に必ず後継者を育てねば」という意識が強い。

・上司が年下でも、やりにくさを感じさせない柔軟性がある。

想像力に富み、「採用する側からみたリスク」も想定したうえで、
自身を差別化するプレゼンテーションができる。

 

というポジティブな要素でした。

 

このような当事者意識やパーソナリティを持った人材であれば、
年齢に関わらず、入社後高いパフォーマンスを発揮して、
自社のイノベーションを促進してくれるに違いありません。

 

◆ ミドル・シニア人材は、とにかく「会って」見極める! ◆

 

ブルーオーシャンの中から、自社に利益をもたらしてくれる人材を獲得するには、

面接重視、とにかく会ってみる」スタンスが成果への近道です。

 

年齢や現年収、転職歴などのスペックに左右されずに、
いかに経営課題にマッチする人材を発掘し、見極めるか。

採用者の手腕が問われるところでもあります。

 

(我々エージェントにとっても、
いかに書類以外のリアリティある人物情報をお伝えし、
クライアントさまに「一度お会いしたい」と
思っていただけるかが腕の見せ所です。笑)

 

高い専門性と豊かな経験をもったミドル・シニア人材の活用は、

「教育コストの最小化」「人脈活用」

「マネジメント層の強化」「新規事業推進」

など、様々な恩恵を自社にもたらします。

 

その価値を享受されたい企業さまは、ぜひいち早くご相談ください。

 

京都(関西)を熟知したキャリアアドバイザーが、
母集団形成から一次面談・内定後フォロー・
入社決定に至るまで、きめ細やかにサポートさせていただきます

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧