カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

日本は今、多くの人がラグビーに魅了されている。

4年に一度のラグビーワールドカップが日本(アジア初!)で開催され

日本は優勝候補ともいわれる強豪国に勝ち、つい先日

悲願のベスト8初進出を果たしたばかり。その根底には、日本代表選手の

計り知れないほどの努力と、忍耐と、夢があったから…なんだと思う。

 

異国の屈強な男たち相手に、日本がラグビーで勝てるわけない。

 

そんなマイナスのイメージを全国民から払拭させ、

熱狂するほどアツいプラスの声援に変えたのは

「オレたちが日本ラグビーの歴史を創る」そんな

日本代表選手一人ひとりの揺るぎない言動あってこそ。

 

こんなに私がアツくなる理由のひとつに、

小5と小2の息子がラグビーをしていて、主人はそのコーチをしている

ラグビー一家だから、というのも挙げられるが、それだけではない。

 

私がラグビーにハマった『ノーサイド』精神と『ラグビー憲章』について

今回は紹介したいと思う。(しばしお付き合いくださいm( _ _ )m)

 

■「最後の笛がなれば、そこには尊敬しかない。」

先日、日本がベスト8進出をかけて試合をした相手はスコットランド。

4年前のワールドカップでも唯一勝つことのできなかった、ある意味因縁の相手。

これまでの日本の快進撃を知るスコットランドも

序盤から本気モード全開で攻撃し、日本から先制点を奪った。

 

まさに手に汗握る死闘が続き、両国一歩もゆずらぬ展開にヒートアップ。

中盤、乱闘寸前! スコットランドと日本が取っ組み合う場面もあった。

そんな激闘の末、28-21で日本はスコットランドに勝ち

決勝トーナメント進出を決め、日本ラグビーの歴史に新たな1ページを刻んだ。

 

感動は、試合の後も続く。

試合終了の笛がなる瞬間、ラグビーでは『ノーサイド』という。

意訳すると「敵も味方もなくなり、みんな仲間」といった感じ。

ノーサイドの後は、相手の健闘を称え合う。

相手チームとハグしたり、拍手の花道をつくって相手チームを送り出す。

 

日本代表選手と乱闘寸前になったスコットランド代表選手も、

試合後にこんな言葉を残した。

 

「ピッチ上では死力を尽くす。

 しかし、最後の笛がなれば、そこには尊敬しかない。

 彼らは優れていた。」

 

これぞ、『ノーサイド』精神。

見ていてとても清々しく、同時に胸がアツくなる。

 

■会社でも役立つ!? 5つの振る舞い

2009年にワールドラグビーが『ラグビー憲章』という

価値観(コアバリュー)を定めた。

 

コンタクトスポーツでもあるラグビーをプレーするにあたり

大事にしなければならない5つの核となる要素だが、これは選手はもちろん、

コーチや応援するファンも心に留めておかなくてはいけない。

 

それは

『品位、情熱、結束、規律、尊重』で、

 

「品位のある行動はできているか」

「情熱をもって取り組めているか」

「仲間と信じあえているか」

「規律を守れているか」

「相手を尊重しているか」

 

を自分に問いかけ、取り組めているか確認するそう。

激しくぶつかり合うスポーツだからこそ、

自分の気持ちをコントロールする自制心が必要になるんだとか。

 

荒々しく見えるラグビーだが、選手みんなが

『品位、情熱、結束、規律、尊重』を胸にプレーする

実は紳士のスポーツ。なんと素晴らしい。

 

もしかすると、スポーツ以外でも

この『ラグビー憲章』は役に立つのかもしれない。

 

会社や、日常の人間関係…生活すべてにおいて

壁にぶつかったときは、自分がちゃんと

『品位、情熱、結束、規律、尊重』の行動をとれているか

考えてみようと思う。

 

* * * * *

 

私の人生が、こんなにラグビーで満たされる日々になるとは

正直自分でもビックリ(笑)

未知の高みに挑むこれからの日本代表選手にも目が離せない。

ひたむきに一生懸命な姿は、人の心を動かす。

日本ラグビーの未来が、楽しみだ!!

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧