カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

今年も3/1より2020年卒の採用活動が解禁となりました。
例年、大手新卒求人サイトがグランドOPENとなるこの時期に学生の活動が一気に本格化します。
しかし、今年はそんな学生の動きに異変が起きています。

 通常であれば、
グランドOPENの直前・直後の2~3月の合同企業説明会は学生たちで溢れかえっていましたが、
今年は軒並み対前年を大きく下回る動員数(来場学生数)となりました。
ひどい時では半減以下となった合同説明会もあったようです。

 2月直前期のイベントに参加された企業様のお話を聞いていると、
動員数が少ないうえに、来場学生の多くは、
「就活のスイッチがまだ入っていない」
「就活を始めたばかりの学生が多い」
という印象を抱かれる方も多く、今年の学生はスロースタートなのかという意見も散見されました。

 しかしながら実際はその真逆だったのです。
多くの学生が夏・秋の合同説明会やインターンシップに既に参加しており、
年明けからは企業や業種・職種など就活の軸を絞った活動に移行していたのです。
インターンシップによる活動の前倒しとそれによる学生の2極化が大きく進んでおり、
結果、比較的のんびりしていた学生と2月の合同説明会で出会うことで
「スロースタート」という誤った認識を感じられる企業様が多かったようです。 

実際、これまでのインターンシップは学生にとって業界研究や自己分析の補助的な場として
就活に対する意識の高い学生が参加するものでしたが、
今や多くの学生が就活の助走期間として当然のようにインターンシップに参加しています。

 加えて、企業側も採用を意識したインターンシップを実施するようになり、
水面下ではインターンシップ期に既に選考・内定出しが進んでいたようです。

 ディスコの調査では、今年2/1時点の内定率が8.1%となりました。
昨年同時期では4.6%、昨年3/1時点の内定率が8.0%でしたので1ヶ月ほど前倒しが起きています。
※リクルート調査データは、発表がありましたら改めてご報告いたします。

 今やインターンシップ期にどう活動するかが、企業・学生とも大きな分かれ道となってしまいました。

 2020年卒採用活動がスタートしたばかりですが、
並行して2021年卒採用もプランニングを始めなくてはいけない状況となりました。

 

そんな、あってないような採用スケジュールに振り回されている昨今の採用市場に一石を投じ、
学生にとって「目先の内定」ではなく、「本当に自分にあった企業・職場との出会い」を見つけて欲しい。
という想いのもと、スタートした肉ミーティング。
第1回肉ミーティングは、この想いに賛同いただいた「大人の応援団」のご協力のもと
大盛況に終えることができました。

※第1回・肉ミーティングの開催レポートは「かしましレポート(Vol.260」をご参照ください。

 

 

そして、いよいよ第2回・肉ミーティングの開催が決まりました。
次回は417()もしくは18()のいずれかの日程で開催となります。
※開催日は、ご参画企業様と参加希望学生とのより良いマッチングができる日程で
 最終確定させていただきます。

 学生は社会に対して不安を払しょくでき、
強いては企業にとっても頼もしい学生と出会える場になればと思っています。

 ご興味がございましたら、是非一度お問い合わせください。

 

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧