カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

営業本部の齋藤です。

学生の夏休み期間に合わせて、インターンシップを実施中の企業様も多いこと存じます。

その中で、「技術系の仕事の話が学生にウケない…どうすれば?」といったご相談をいただく機会が増えてきました。

特に、最終製品ではない部品等を扱っておられるメーカー様になると、社会の表面には出ない仕事の魅力をどう伝えれば良いか、より悩みは深いようです。

実は、日頃ご説明いただいている内容に「ある視点」をプラスするだけで、学生の反応が劇的に変わります。今回はそのポイントをご紹介します。

 

**

 

一般的に技術系の仕事の話では、以下のような内容をお伝えされることが多いと思います。

 ●自分たちがつくっているのはどんなモノか

 ●それはどんな場面で(部品等の場合は、どんな製品に)使われているか

 ●技術的な特徴や、強み・シェアなど 

 ●作っている環境や製造拠点の紹介

 ●技術者の一日の様子

 ●教育/研修について 

 

製品や技術力に関する内容が中心になりがちですが、それだけでは、学生に「すごい」と思わせることはできても、「その製品づくりを自分の仕事にしたい」という気持ちにさせることは難しいと思います。

 

一体どうすれば良いのでしょうか?

 

**

 

就業経験のない学生が企業選びをする際、「その企業の製品・サービスが、自分たちの身近な生活や社会に、どんな影響(価値)を与えているのか」という視点がとても大切になります。

これは技術系の仕事を志望する学生にも言えることです。

 

そこでお願いしたいのは、

 

 1. その製品が使われることによって、私たちの生活(社会)はどう便利になっているか。

 2. 自社は将来、どのような技術を目指しているか。その技術が新しい製品に反映されると、将来の私たちの生活(社会)はどう変わるか。

 3. 自社はそれを、どのようにやり遂げようと思っているか(ビジョンや思い)。

 

この3項目を、熱く語っていただきたいのです。

 

もちろん提供しているのが最終製品ではない場合でも、上記のストーリーは活用頂けます。たとえば「電子部品メーカー」様の場合でしたら、以下のような流れが考えられます。

——————————————————————————–

「当社の生み出す電子部品は、スマホやPC、カーナビ、医療機器など、皆さんの生活に欠かせない様々な製品に用いられています。

その殆どが特注品で、少量から生産でき、スピーディーに提供できるので、お客様からも”この案件を頼めるのはA社さんしかいない!”と喜んで頂けているんですよ。

先日も、大手家電メーカー様から新モデル開発のご相談を頂き……(以下具体例)<1>

「今後はより、部品の”小型化・高性能化”を目指していきます。具体的には……(最先端技術の話は理系学生ウケ◎ マニアックになりすぎない程度に)

それが実現すれば、手のひらサイズの血液診断装置や、超小型のカプセル型内視鏡など、医療分野にも益々貢献できるようになることは間違いありません。<2>

その為に当社は……(事業方針、注力している取組みなど。人材育成に関連付けてもOKです)<3>

——————————————————————————–

 

上記のような話から、学生は「この会社の製品が、(他社の製品やサービスを経由して)自分の生活や社会に影響を与えているんだ」という俯瞰的な理解を得ることができ、「自分もその製品づくりに携わりたい」と考えるようになるのです。ここが勝負の分かれ目です。

 

インターンシップでは、技術者の方が製品や仕事説明を担当されることも多いかと思いますが、その際にもぜひ、上記の視点を取り入れてみてください。

実際にその方から見た物語として、「自社製品が自分の生活、社会にどのような価値を提供しているのか」、思いや情感も含めて語っていただければ、間違いなく学生の印象に残ります。

 

前回レポートでご提案させていただいた『貴社説明会ブラッシュアップ診断』では、上記の観点も取り入れながら総合的にご助言させていただきます。また、ターゲットとする学生にびしっと刺さる貴社説明会用スライドや興味喚起動画の制作も承っております。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧