カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

ディレクター兼コピーライターの田部です。

先日、表現の会社説明会が開催され、私も10年ぶりに参加してきました!

先輩社員として仕事内容をお話ししたり、学生さんからの質問に答えたり…、か・な・り“お久しぶり”なことだったので、ドキドキわくわくしっぱなしだった私(笑)

無事に説明会が終わったことに私自身は安堵していたのですが、翌日、説明会に同席していた代表の丸山から「もっと〇〇すれば、会社説明会はグンとよくなる!」というアドバイスを頂き、目からウロコ!自分の失敗から学んだことが過去に色々あったなぁ、と思い出すきっかけにもなったので、今回は会社説明会に役立つ“3つの心得”をまとめてみました。

■その1「学生の五感を刺激すべし!」

「社員が淡々とトークを繰り返すだけでは、学生は退屈してしまう。五感を刺激することが大切!」と丸山。具体例を挙げると…

◎開始までの待ち時間や休憩時間など沈黙になりがちな時には、気分がリラックスできそうな音楽を流す。【聴覚】

◎お香や芳香剤などで会場の雰囲気づくりをする。(さりげなく香る程度がGOOD。強すぎる香りはNG。)【嗅覚】

◎業務説明や仕事紹介など社員が話す場面ではできる範囲でプロジェクターを活用し、学生さんの集中力を高める手助けを。【視覚】

◎学生さんに飲み物を勧めてリフレッシュしてもらう。社員も学生さんの前で飲むことで「飲んでいいんだ」の雰囲気に。【味覚】

◎会社の商品(表現の場合は制作物)を展示して、学生さんに気軽に触ってもらう。【触覚】

などなど。どんなに一生懸命トーク内容を考えてその通り学生さんの前でしゃべれたとしても、学生さんの受け入れ態勢が整っていないと、インプットしてもらえる内容が半減してしまうかもしれません。五感に刺激を与えて、より良い情報をたくさんインプットしてもらえる方が良いですよね!

■その2「質疑応答の答えは予想して事前に準備すべし!」

これは私が入社3年目頃にやってしまった失敗なのですが、表現の会社説明会(質疑応答タイム)で「今まで読んだ中で一番印象に残っている本は何ですか?」「田部さんがつくった制作物の中で、思い出に残っているキャッチコピーは何ですか?」といった学生さんからの問いにスムーズに答えることができなかった私。苦し紛れに発した言葉には何の信ぴょう性もなく、会場はシーン…。その説明会の帰り道「学生からの質問はある程度予想して、事前に準備しておきなさい」と丸山さんに言われたのを覚えています。学生さんと真剣に向き合うため、事前準備は必要ですね!

■その3「会場の雰囲気は社員が率先して創るべし!」

例えば社員が話し終わった後に拍手をする、しない、といったその場の雰囲気。前者の方がその場が盛り上がり、良い雰囲気になることは間違いないのですが、学生さんからすると「拍手をしてもいいのかな?」と一瞬迷うシーンでもあります。そこで、社員の話が終わったら、周りの社員が率先して拍手をして“拍手ウエルカム感”を出す…、すると会場は拍手で包まれてあたたかい雰囲気になります。会場の雰囲気づくりを学生さんに委ねるのではなく、社員が率先してより良い空間を創りだすことが大切だと今回の説明会で感じました。

 *  *  *  *  *

その場で見て聞いて感じたことが100%そのまま会社の印象として残る説明会。上記のような演出・準備次第で会社や社員の印象を2倍…いやもっともっと良くすることができる!と思うと説明会の場づくりは本当に大切なことなんだと改めて気付かされました。

学生さんとの出会いは一期一会。この機会を良いご縁へと繋げるためにも、会社説明会で気を付けるべきことをしっかり把握して、私も今後に活かしたいと思います!

■『貴社説明会ブラッシュアップ診断』

表現では効果的な説明会運営のアドバイスを実施しております。

ご依頼があれば、弊社コンサルタントと代表の丸山が説明会を拝見させて頂きます。

1週間以内にアドバイスシートをまとめご説明に上がります。

費用は一律10万円(交通費のみ別途)。

完成度が高くアドバイスの必要が少ないケースは5万円になります。

自社説明会に客観的な視点を取り入れたいとお感じになりましたらご相談下さい。

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧