カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(中尾談)
プロフィール
WORKS
京都地主神社様 LINE@
趣味
読書/美術展巡り/音楽鑑賞/自己満足の料理
特技
喜びの小躍り(小林談)
プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(中尾談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

掲載社数対前年比110%の30,199社でスタートしたリクナビ2019ですが、
グランドOPENから約半月が過ぎ学生の活動傾向も見えてきました。
初速データと共に、今年の学生の動向についてご報告いたします。

まず学生登録に関しては、企業掲載数同様前年比110%でスタートとなりました。
しかしながら、総プレエントリー件数は前年比94%という結果になりました。

今年は、インターンシップ期間の間に就職活動をスタートしている企業・学生が多く、
3月1日時点で既に就職内定率(速報値)が約1割の9.9%と、
前年同月の6.2%と比べて3.7%アップしました。

 

また、内定に至らないまでもインターンシップ期を企業・業界研究に充てている学生も多く、
グランドオープン直後は、インターンシップ期の「気になるリスト(気になる企業としてブックマークしておいた企業リスト)」をもとにした一括プレエントリーが増加した点も
今年の特徴として挙げられます。

このように、学生は既に希望業界や企業群を決めており、
加えて企業側のエントリーシート締め切りや説明会開催の前倒しの為、
新たな企業を探す間もなく説明会・選考ラッシュを迎えているようです。

今年はインターンシップ期の認知活動(広報、インターンシップ、リクルーター接触など)が
採用活動のスタートダッシュの明暗を大きく分ける要因となりました。

 

参考資料ではございますが、
インターンシップに参加した企業からの採用アプローチの有無を学生に聞いたところ、
企業からのアプローチがあったと回答した学生は2018年度:66.3%→2019年度:73.4%と増加し、
特に関西では昨年を大きく上回る59.5%→80.4%という結果となりました。

とはいえ、採用活動はまだ始まったばかりではございますので今後どうしたらよいのか、
少しでも母集団を形成していただける打ち手をご紹介いたします。

■行動履歴データベースオプションを活用したDM配信。
昨年まで有料オプションでしたが、今年よりシンプルプランのパック商品に標準実装されました。
このデータベースは、通常のWEB-DB (メールDM)に比べ、
学生の行動に即したターゲティングができるため、
より反応の見込めそうな 学生に対し、DMを配信することが可能となります。

設定できる条件は下記の3点になります。

・指定した業種に該当するいずれかの企業へ、
直近1ヶ月以内に1社以上アクション(プレエントリー、説明会・面接予約)した学生
・直近1ヶ月で2社以上、指定した業種の企業画面を閲覧した学生
・直近30~90日以内に自社のリクナビ画面を閲覧した学生(期間は90,60,30日から選択可)

この時期の学生はある程度希望業界や企業群を決めておりますので、
全くの異業種より同業他社などに興味を持ちやすい傾向があります。
その為、行動履歴も学生の志向(他業種ではない等)とマッチする設定を行うと効果UPが見込めます。

また、グランドオープン直後の応募企業の結論が4月後半~GWにかけてほぼ出そろいますので、
その結果次第では、志望業界を変えるなど、就 活の軸に迷い始める学生も増えます。
その為、この時期には学生に気づきを与えるようなメッセージを送る(あえて違う業界を志望していた学生にメールを送るなど)ことで、新たな母集団へとつなげる事が可能となります。

その他、有料オプションにはなりますが、19サイトにて効果の出ている商品もございますので、
ご興味がございましたら、お問合せください。ご紹介にお伺いいたします。

 

最後に、余談にはなりますがリクナビのフリーワード検索の検索ランキングを見ますと、
46位に「完全週休」というキーワードがランクインするなど、
ライフワークバランスを重視する学生が増えてきていることが改めて伺えます。

フリーワード検索は有料オプション(上位表示オプション)に
左右されない検索結果画面となりますので、
御社に該当するキーワードがございましたら原稿内に盛り込んでいただきますと、
わずかながらではありますが発見率が上がる可能性がございますので、
是非一度お試しいただければと存じます。

今後も学生の動向の変化など新しい情報をキャッチしましたら、改めてご報告いたします。

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧