カシマシレポート

広告・採用のニュースや実践法など、皆様にきっと役立つ情報を表現社員がお届けします。2002年より毎月休まず配信中!

斎藤プロフィール
趣味
背徳の昼酒/ラーメン屋はしご/不自然な関西弁/
父親仕込みの昭和歌謡(デュエット可)
特技
飲む・飲ませる・飲まされる(小林談)
田部プロフィール
趣味
息子のラグビー観戦
特技
フリスビー投げ・チョコの大食い・がはは笑い(山川談)
小林プロフィール
趣味
カメラを片手にふらっとお出かけ
特技
自覚ナシの天然発言(田部談)

メールでの配信をご希望の方は「かしまし配信希望」と書いてお問い合わせください。

営業本部の齋藤です。

 

いよいよ採用広報の解禁目前!

説明会や選考で、学生と接する機会も

益々増えられることと思います。

 

そういった場面で、ほぼ必ず聞かれる

「どうして○○社に入社したのですか?」

という質問に対して、

どのように回答していらっしゃいますか?

 

今回は、「入社理由」を問う学生が聞きたいことと、

どんな風に返せば、応募者の心を動かせるのか考えます。

 

◆ ◆ ◆

例えば、以下のようなケースはどうでしょうか。

 

 

一見もっともらしく聞こえますが、

これは単なる「事業説明」で、

「齋藤自身のこと」が何も語られていません。

 

学生が聞きたいのは、

会社のホームページを見れば分かる様なことではなく、

「そういう会社を『なぜ、あなたは』選んだのか」という

その人自身のストーリーなのです。

 

「自分はこのような環境で生まれ育ち、

こんな経験をしてきたから、

~~な価値観を持つようになった。

それで、この会社の…な部分に共感したから

入社を決めたんだ」

 

という説明をして初めて、学生は共感し、

その延長線上にある事業内容や組織に対しても

愛着を覚え、志望度を高めていきます。

 

◆ ◆ ◆

さて、上記を踏まえて

先程の回答をブラッシュアップしてみます。

 

 

先程よりは、「自分のこと」を話しているのが

お分かりいただけるかと思います。

 

ここで、どれだけ具体的な事例を挙げ、学生に

「自分も過去に似たような経験があったな」

「そんな経験があれば、

確かに貴社に入りたいと思うのも分かるな」

と共感してもらうことがポイントになります。

 

◆ ◆ ◆

もしかするとご担当者様の中には、

「説明会などのオフィシャルな場で

いきなり個人的な話を始めたら、

学生は奇異に感じるのではないか?」

と懸念される方もいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、入社理由を問う学生は、

そもそも「その人自身のこと」が聞きたくて

質問しているので、ご心配には及びません。

 

また、ドラマチックな話である必要もないのです。

その方自身の「個別的」「具体的」な経験談こそ、

進路に悩む学生にとっては、

価値ある指針になると思います。

 

◆ ◆ ◆

いかがでしたでしょうか。

 

前述の通り、入社理由を語るタイミングは

「採用担当者の人となりを知ってもらう」

絶好の機会です。

 

ぜひ逃さず捕えて、学生との距離を縮め、

リレーションを深めていっていただければ幸いです。

 

その他、採用に関するお困り事も

ぜひお気軽にご相談下さい。

  • このブログをはてなブックマークに追加

その他の記事一覧